2008年05月17日

駄目玉のまとめ。

駄目玉の作り方をまとめておこうと思いました。
製作中は両手ふさがってて、ダイジェスト写真がとれないことに気付きました。
なので、スケッチで以下にまとめてみます。
作ってみよう、と思われる方は、知らず知らずの内はガラスが危険なので、少しとんぼ玉を齧ってからの方が無難です。

damedama.JPG

作り方というよりは、原理。

damedama1.JPG

バーナーで白のガラスを回しながら溶かして、程よいサイズ(作りたい目玉の)にする。
回していれば勝手に丸くなってくれます。

damedama2.JPG

作った玉の真ん中に作りたい目玉の色のガラスを乗せます。
作りたい色のガラスをあらかじめ細引き(細い棒にすること)しておくと便利です。

damedama3.JPG

バーナーで暖めて、程よく馴染んだら、コテで押さえてフラットにしておきます。

damedama4.JPG

先の色の円のど真ん中に、黒のガラスで点を打ちます。
(後でクリアを乗せると、レンズ効果で点が大きく見えるので、理想より小さめに打ったほうが良いです。)

damedama5.JPG

暖めてコテで押さえます。
(追視にしたい場合は、この後瞳孔が奥になるよう、凹ませると出来ます。)

damedama6.JPG

クリアー(透明のガラス)をドームの高さ分溶かして、円の上に乗せます。

damedama7.JPG

回しながらバーナーで暖めると、球体になろうと自然に形が馴染んでくるので、ころあいを見て火から出し、徐冷させて出来上がりです。



虹彩入りも作り方は同じで、途中に"虹彩パーツ"を入れるだけです。
追々まとめます。


posted by 永遠  at 17:57| Comment(0) | 駄目玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。